岡林こういち展

10月16日(土)~21日(木)の日程で開催されていた、岡林こういち個展「日々の泡」。

会場であるギャラリーツープラスのブログで紹介されていた作品がすごく魅力的だったので、
最終日だった昨日、駆け込みで見てきました。



岡林さんは身の回りにあるなんでもないもの、見慣れた風景をモチーフに描かれています。
それはジョーロ(如雨露と書くらしい)や、木の実、ハトメ、学校のプール、駅・・・

いつもの風景をいつもの感じに描いている。
気負ったところがなくて、落ち着ける作品ばかり。

ブログでアップされていた作品画像では、絵の具を盛った感じがあるのかと思ったら、
実物は薄塗りで部分によってはキャンバス地が透けて見えるくらい。

ほんとにいい塩梅に気が抜けていましたね。。。



こんな絵が描けるようになりたい。
というか、欲しい・・・

私が一番好きだったのは「雑司ヶ谷を抜けて」という作品。

もうちょっと収入があったらな~~~(涙)

欲しかったなあ・・・(涙)




作品画像はこちらでアップされています。必見ですよ。
ギャラリーツープラスブログ
http://ameblo.jp/g-twoplus/page-3.html#main



にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する