DSC_0803.jpg
「蛾」  395×800㎜


「ほしーそれぞれの輝き」に出展中の作品。

ほし=月の情景が含まれる、金子光晴の「蛾 Ⅵ」という詩にインスピレーションを得て作りました。

終戦の一週間前に書かれたというこの詩。

鱗粉をたっぷりつけて、羽ばたくのも重々しい・・・それでも尚飛び続ける蛾の群れ。
蛾は、
感情を覆い隠すほどの大義名分を掲げ戦に赴く国民か
言葉の力では変えられない流れに無力感を感じていた金子自身か。

木のチップを吊るしたオブジェと組み合わせた今回の展示。
舞った鱗粉、涙、黒い雨・・・・
DSC_0804.jpg
解釈に正解はありません。
あなたはこの詩を作品をどう読みますか?


金子光晴「蛾 Ⅵ」


蛾は月に透いてゐる。
翼一ぱい吸い込んでゐるのは無ではない。光だ。
蛾は、裸をみられてゐるのを意識して、はづかしさうにあゆむ。・・・・・・音はない。近づくけはひだけ。

灯をそつと吹き消すやうな音を立ててすり寄り、消える前の焔がゆらぐやうに翼をうち、
蛾は、その影とともに人の心の虚におちこみ、そこにやすらふ。
蛾は、数ではない。負数なのだ。

蛾のうつくしさ。それはぬけ殻ではない、ひ剥がれた戦慄なのだ。
汚され、破られ、すてられ、ふみにじられたいのちの、最後のさびしい火祭なのだ。

僕らの生きてゐるこの世界の奥ふかさは、恥となげきのうづたかい蛾のむれにうづもれ、
木格子を匍ひのぼり、街灯を翼で蔽ひ、酒がめにおちてもがき、
濠水に死んで浮かんでゐるあの夥しい蛾のむれに。





ご覧いただきありがとうございます。
8月15日を前にして。戦後70年に思うこと。

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する