「うんしょ」

何にもやりたくない時がある。
マンガを読んだり、ショッピングしたりしても、だるくって気分が晴れない。


そんな時、
「うんしょ」とやりたくないことをやってみる。
やらなければいけないけれど、先延ばしにしていたことを。

例えば、埃のたまった部屋の掃除、歯医者の予約、描きかけの絵。


「うんしょ」はしんどいけれど、
やり終えた後には「次は何やろう?」という気持ちすら起こっている。


一度の「うんしょ」で、日々がうまく転がり出す。


自分ひとりでは甘えてしまうから、
無理やりにでも「うんしょ」を発動させる状況があるといい。

急な来客とか、締め切りをせかす声とか―
それは社会との、人との関わり。


ちょっとメンドクサイそれらをやり続けることで、実は自らの日々が充実していくのだ、と思う。




共感していただけたら、ポチをお願いします。
にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: つれづれ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

昨日、「うんしょ」についての記事を書きました。 それに関連して、今日は1冊の絵本のご紹介。 マリー・ホール・エッツ 作/絵 『ペ...

2010/10/10 (Sun) 20:27 |    SHO's art blog