こちら側とあちら側・続

山の向こうの世界、coccoにとっては死だった。

横尾忠則にとっては、現在のところハワイらしい。

展示中のjohnnyxxxさんにとっては、夢の世界。


山の向こうは人によってそれぞれ。
その山に近い人ほど、表現者としては優秀になる。






※横尾忠則Twitterより「憧れは憧れのままでいい。憧れの山は越えない方がいい。永遠に着かない「憧れのハワイ航路」でいいのだ。」

ちなみに前述のツイート全文は、
「河鍋暁斎この人狂気の人だけど狂人ではないですよ。憧れは山の向こうにある。だからその山を越えたらあかん。憧れこそが創造の力だ。ぼくはインドに憧れ、滝に憧れた。そしてそこに行く前にインドを描き、滝を描いた。行った時はただのインド、ただの滝。カスですわ。」
スポンサーサイト
Category: つれづれ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する