これからのギャラリー

「これからのギャラリーは、[売る]ことだけを考えていたらだめで、[一緒に作り上げる]ことをしていかないといけないと思うんですよ」


アルバイト先のギャラリーでお世話になっている画家の方がそうおっしゃっていた。


具体的には従来の、完成した絵を飾ることだけではく、
作家がギャラリーでスケッチしたり、簡単なパステル画などを描くことで、
お客様に「絵を描く」こと自体に興味を持ってもらう。など。


芸術をもっと身近に感じてもらいたい。
その想いに共感しました。




一方で・・・
その「絵」(あるいは彫刻や陶芸でも)だけで、感服させられることがあるのも事実。
周辺の情報がなくても、その存在だけで作品の持つ世界観に引き込まれてしまう。

それは決してお高くとまっているわけではないのです。



ギャラリーとしては、そのどちらともをうま~くMIXして展覧会を構成していけるのいいのでしょうね。



スポンサーサイト
Category: つれづれ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する