「カラー on the Antique map」

110718_100709.jpg
「カラー on the Antique map」  415㎜×790㎜

いただいた木材にリクエストのカラーと地図を描きました。

この木材、最初はこんな↓感じで真っ黒でした。
110718_095417.jpg
古い壁材だそうで、塗料や煤などのために黒いのだと思います。
これをやすり掛けをして、描画。
元が黒いのと、また材自体の色が赤み掛かった茶色なので、画面全体がなかなか明るくなってくれず苦心しました;;
計算して描いたわけではありませんが、出来上がってみると木目が水の波紋のよう。
ちょうど地図上の海の部分なので、水面にカラーが浮かんでいるようにも見えますね。


そういえば描いていて気づいたことがあります。
木目が硬く、それ以外の部分が柔らかく焦げやすいこと、焼けるときのいいにおい・・・・
覚えがあるな、この感覚・・・
と思っていたら、欄間の作品「月―昇り龍」を制作しているときの感覚でした。
20110701_003_convert_20110703213044.jpg
両方とも杉材なんですね^^
大きさの割に軽いのも同じでした。

木材素人の私がちょっとわかってきた気がして、ひとりにんまりしてしまいました(笑)



3連休最終日にご覧いただきありがとうございます。
ぽちっと↓

にほんブログ村 美術ブログ 画家・女流画家へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する