直前の記事を書いていて思い出しました。
前にも、ふと「金魚を描こう」と頭に浮かんで絵を描いたことがあったなぁ…って。

風
 「風」   F30 油彩 (1999年)


これを描いたのは高校2年生の時。
友達と行った山林の風景がとてもきれいで描き始めたのですが、何か物足りない気がして筆を置くに置けない状態に。
そのまま家に帰り、何気なくテレビを見ていたら―
突然「そうだ、金魚だ」と。
(ちなみに見ていたテレビは金魚とは全く関係ないものでした)

すぐに描き進めたくて、いてもたってもいられない気持ちになったのを覚えています!


描き終わり、つけたタイトルは「風」。
最初の構想になかった上に、何の脈絡もなく描いた金魚でしたが(笑)、木々の間を縫って吹き抜ける風に見立ててつけてみました。


実物はいま手元にありませんが、思い出の作品です。



久々に高校時代を思い出しました。
応援ありがとうございます☆

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: 油絵

コメント

CANさま

コメントありがとうございます☆
作品大事にしてもらっているとのこと、とっても嬉しいです!
どうぞお幸せに!!!

2011/04/01 (Fri) 15:27 | sho #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する