祈りの歌

Mステでcoccoが歌っていた。


東日本大震災の被災者のため、ということで他の歌手も歌っていたけれど、安全圏にいて普通の生活を送っている人間からの「頑張れ」のメッセージは他人事のように空しく聞こえるだけ。

被災地の人達は頑張っている。
見えない未来の不安と闘いながら、頑張りすぎるほどに頑張っている。



coccoの歌は歌というよりは祈りだった。
「今、頑張っている人達の元にどうかこれ以上の不幸が降りかかりませんように・・・」


「ジュゴンの見える丘」 作詞作曲:cocco


まだ青い空  まだ青い海
終りを告げるよな  真白色

泣きたかろうに  引き受けた夢
しゃらしゃら珊瑚  声も上げずに

もういいよ  目を閉じていい
もういいよ  少し おやすみ

悲しみは いらない  やさしい歌だけでいい
あなたに降り注ぐ全てが   正しい やさしいになれ


色とりどりに  煌めく世界
愛(かな)よ愛々(かなかな)宝物

どこへ向かうの?  泣き疲れても
名も無き花は  咲いてくれよう

目を開けろ  帰ってきたよ
目を覚ませ  信じてほしい

悲しみは いらない  やさしい歌だけでいい
あなたに降り注ぐ全てが  正しい やさしいになれ


もういいよ  目を閉じていい
もういいよ  少し おやすみ

笑っていてほしい  守るべきものたちに
明日も訪れる何かが  正しい やさしいであれ

悲しみは いらない  やさしい歌だけでいい
あなたに降り注ぐ全てが  正しい やさしいになれ

正しい やさしいになれ   正しい やさしいであれ




もし、この歌があなたにも響いたのなら―
同時に彼女ら沖縄の人々が米軍基地という不安と日々闘っているという事実ももういちど思い出してほしい。

自分の身に降りかからないと人は他人の不幸を忘れてしまう。

「ジュゴンの見える丘」それは普天間基地の移転地として計画されている辺野古の丘です。




辺野古のジュゴンのニュース、沖縄の基地について語るcoccoはこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=TwA-e3d-3qA&feature=related




以前の記事でcoccoはもう聞かないと書いたけれど。この歌は以前の病んだ歌とは違う。
どうか被災地の方々にも、沖縄の人々にも、世界中の人々にもこれ以上不幸が降りかかりませんように・・・!

にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Category: つれづれ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

横尾忠則がTwitterでこう言っていた。 「憧れは山の向こうにある。だからその山を越えたらあかん。憧れこそが創造の力だ。」 先日、本屋で雑誌『papyres』『bridge』両刊で特集されていたcoccoの談...

2011/03/26 (Sat) 07:00 |    SHO's art blog